top01.jpg
menu01.gifmenu08.gifmenu11.gifmenu06.gifmenu12.gifmenu10.gifmenu09.gifmenu16.gifmenu04.gifmenu14.gifmenu15.gif

sim41.jpg
sim49.jpg 12V動作のブロワーです。2,000円〜5,000円。写真と違うタイプでも良いと思います。(アマゾンで2,200円で購入)。ARDUINO コードはここを参照しました。link.gif
sim51.jpg 私の場合はレースーカーの外気導入ダクト風に使用します。ブロワーは見えないところに設置します。(アマゾンにて1,600円で購入)
sim50.jpg ブロワーにダクトを取り付けた感じです。軽もぴったりでした。あとはデスク裏に取り付けます。
テスト動作ではこんな感じです。
sim52.jpg 事前にGAMEDASHのネットワーク設定を済ませ、エンジンと接続されている状態からスピード横の鉛筆マークをクリックします。
sim53.jpg ここがポイントです。自分の行うシミュレータがどのくらいの速度で風力マックスにするか設定します。私の場合300`で風力マックスになるようにMATHの値を変えました。ちなみにGAMEDASH画面上では255がマックスです。
sim54.jpg テーブルにぶら下がるように固定しました。通常はブロワーは見えず、ダクトだけが見えるようにしています。風の感じは両腕から伝わった風が顔にあたりサーキットを実際に走っている感じにかなり近づき、費用の割に効果が大きいアイテムです。

sim55.jpg
完成です。スピードが徐々に上がるのと連動し、ファンが強くなっていくのは感動です。
お手軽にできるのでお勧めです。


box4.gif box3.gif

Copyright (C) 2018 Racingsim.club Motorsport Simulations, All Rights Reserved.