top01.jpg
menu01.gifmenu08.gifmenu11.gifmenu06.gifmenu12.gifmenu10.gifmenu09.gifmenu16.gifmenu04.gifmenu14.gifmenu15.gif

rfactormini.gif PC SOFT & HARD
2feb60c5.jpg

pedal.jpg
2005年に販売開始されたtFactorですが、まだまだ購入できます。
CD版、ダウンロード版もありますが、現在では
Steamでの購入がよいかと思います。¥2,480(これ以上かかりませんMODなど全て無料)
購入前のデモもダウンロードできます。
左のパッケージをタップするとSteam購入ページにリンクします。


PC:CPU=CORE2でも十分(3GHz程度)
HD=300M程度
GPU=GeForce GT710程度(シングル画面)
メモリ=OSによりますが4G程度
OS:WINDOW7以降推奨(当方でのテストではXPより7以降の64BIT、OSの方がフレームレートが上がりました)
モニタ:ご家庭にあるHDMI端子のあるテレビ
コントローラ:ロジテックロジクール ドライビングフォースなどのPS用の安いハンドルコントローラーでも十分走れます。(ワットマンなどで中古1000円程度〜)
上記にネット環境があれば参戦即可能となります。上記全て中古で揃えても多分、2万円程度で、本格レース参戦できてしまうので、いい時代ですね。


クラッチ追加
クラッチがないハンコンで安価にクラッチ追加することができます。アマゾンにて販売中。(ルートアール USBフットペダルスイッチ マウス)クラッチ専用というわけだはありませんがUSBに挿すだけで認識する非接触型デジタルスイッチ。RFACTORの場合ソフト側で半クラっぽい入力となり。デジタルクラッチでも問題なく使えます。
link.gif



rfactormini.gif MOTEC
MoTeC-Logo-Master-white1.jpg
Motec I2pro Screenshot 3.jpg
MoTeC_Data_ECU_Range.jpg
下記のリンクからダウンロードし、走行データをロガーとして出力し分析することができます。真剣に設定を行う場合、非常に便利ですし浸れます。全て無料です。ただ、rFactor CENTRALからMoTeCとPlug inとMoTeCのモニターソフトのリンク切れのため、下記からダウンロードしてください。

RFACTORのプラグインダウンロードdl.gif
本家MoTeCのモニターソフトdl.gif

普通に両方を指示に沿ってインストール。
コースインすると「Data acquistion is off」”ログの書き込みOFF” と言ってくれて、Ctrl-mを押すと、「 Data acqusition enabled 」”ログの書き込みON”と教えてくれます。


コースを走って、ピットインすると
rFactor\UserData\LOG\MoTeC
上記フォルダーが作られモーテックデータが入っています。


MoTeCを立ち上げて、好きなプロジェクトを作ってOpen Log fileで上記MoTeCフォルダのデータを読み込みます。

rfactorのルートにある
DataAcquisitionPlugin.ini の Logging Active On Startup を 1にすると、最初から書き込みONなります。


※私の環境で上記の方法だとロガーにステアリングの舵角データが出力されないので(バグ?)下記のインストールにより全てのデーターが出力されるようになりました。

Chris Kinsman's MoTeC Telemetry Plugindl.gif



rfactormini.gif TAKATEC
TacaTec.jpg MoTeC風のディスプレイをサブモニターに表示すれば、雰囲気はまんまMoTeC。設定も簡単です。フリーで公開してくれている熱いぜ!GT保管庫様に感謝 link.gif



rfactormini.gif Real Feel FFB Plugin 0.92
ffb01.jpg

ffb02.jpg

※RealFeelPlugin.ini設定
DefaultMaxForceAtSteeringRack=-1500.000000


停止時は少し軽めですがスピンでのすっぽ抜けなどは再現されると思います。んー良いかも
(フォースフィードバックをリアルにするプラグイン)dl.gif
ダウンロードしてきたプラグインを \rFactor\Plugins\ に入れて、コースに出ると、\rFactor ディレクトリにRealFeelPlugin.ini ができます。この中のRealFeelIsOn を True にするとプラグインが有効になります。.iniの中に、その時使ったMOD名でテンプレートのように[MOD名]、データの項目が自動的に追加されます。それを使えば各MOD毎に設定が変えられます。Readmeを読んでみると、作った人は、オリジナルのrFactorのFFBは全然よくないので、何かいい方法はないかISIに聞いたところ、物理エンジンからのSteeringArmForceのデータを直接ステアリングに入力するプラグインを作ることができるって言われたので、やってみたらしいですね。

1.インストール

(1)「RealFeel_v0.92.rar」を解凍して「RealFeelPlugin.dll」をrFactor.exeがあるルートディレクトリに入れる。

(2)「RealFeel_v0.92.rar」を解凍して「Controller.ini」を入れかえる。入れる場所は、C:\rFactor\UserData\[ユーザー名]\Controller.ini
すでにオリジナルの「Controller.ini」があるのでバックアップをとっておく※ボタン設定がクリアされてしまうので再設定。これがメンドくさい場合は、オリジナルのController.iniからボタン設定の部分を抜き出して新Controller.iniを修正する。


2.起動コースに入ると、「Realfeel enable!」と叫んでくれる。3.調整このプラグインは、各車種ごとに設定を保存してくれる。なので新車に乗ったら調整する必要がある。

基本操作

(1)rFactorの本来のFFBの設定を、-100%、wheele、LOW にする。本家が、無難に出力して、これにプラグインが効果をプラスするって感じらしい。
(2)極性の設定。効きが反転していたら、「右CTRL+テンキー8」で合わせる。押すたびに設定がトグルで変更される。


(3)効きの強さ
FFBを強める 「右CTRL+テンキー7」※変更した設定値を叫んでくれる。
FFBを弱める 「右CTRL+テンキー9」


(4)有効/無効に切り替え
「右ctrl+NUM2キー」
※「Realfeel enable!」と叫ぶ or 無言


詳細設定
(1)SteeringDamper (ステアリングのダンパーの強さ)


路面からの情報が強まる 右CTRL+テンキー4 ー (10段階)
路面からの情報が弱まる 右CTRL+テンキー6 − (10段階)



rfactormini.gif ETC
Spotter Plugin 2.17(レース中のピットからのリアルな無線を再現するアドオン)dl.gif
最大利用メモリを4GBに拡張する (4GBパッチ) dl.gif
ギヤ泣きMOD(ギアシフトが成功しないときを検出し、ギヤ泣きを再現) dl.gif

box4.gif box3.gif

Copyright (C) 2018 Racingsim.club Motorsport Simulations, All Rights Reserved.