top01.jpg
menu01.gifmenu08.gifmenu11.gifmenu06.gifmenu12.gifmenu10.gifmenu09.gifmenu16.gifmenu04.gifmenu14.gifmenu15.gif

rfactormini.gifDIY

小遣い、月5,000円のお父さんなので、趣味に使えるお金が限られる為、できるだけ自分で作ることにしています。費用を掛けず完成した時の満足感は嬉しいですね。

rfactormini.gif3画面

今までは費用と場所がネックとなり、シングル画面でプレイしていましたが、ディスプレイも安く購入(中古)でき、既存のGTX750Tiが3画面に対応しているので、念願の3画面を組んでみました。思ったよりスムーズに3画面(サブモニタを含め4画面)できました。1台4,000円の中古DELLモニタ3台、約13,000円で3画面にすることができました。私の小遣い少ないので資金的にこれくらいが限度です。20インチなので4800*900ですが、迫力十分。34ウルトラワイドモニタも検討していましたが3万以上なので断念。でも、3画面にして正解でした。横幅1.3mは別世界、rFactor、F1-1992mod、AI25台、最高設定で平均150FPSくらいなので安心しました。完成までの過程を記載しようと思っていましたが、モニター接続し、NVIDIAの設定で3画面にするだけでしたので、あえて記事にはしません。

desk03.jpg


rfactormini.gif専用デスク

3画面を乗せるレーシングシミュレーターコックピットは各社から販売していますが、とても高価なので作ることにしました。ホームセンターで5,000円くらいでできました。カットもしてくれるので楽ですね。
desk01.jpg

desk02.jpg


rfactormini.gifボディソニック

最近ではゲーム用振動デバイスも販売されているようですが、やはり高価で手が出せず、ヤフオクでジャンクボディソニックを購入。アンプもセットで確か3,000円くらいだったかと思います。ボディソニックと言えばパイオニア。振動ユニット1個でも体を揺さぶる低音を体感できました。シムモーションも自作したいのですが情報がまだ不足と自身がないので今後の目標ですね。

sonic01.jpg

sonic02.jpg


rfactormini.gifクラッチペダル

簡単接続と現在でも販売していて、リビングなどでハンコン設置して行う場合はこれを使っています。常設3画面ではHORIのプレステ用(何に使うかは不明)ペダルを旧FREXGPに接続して使っています。RFACTORで使う場合、デジタルクラッチでも、ソフト側でアナログっぽくボタンが押される処理をしているので問題なく使えます。まあ半クラはスタート時しか使わないので。

pedal01.jpg

pedal02.jpg

sparco.JPG



rfactormini.gifFREXGP SHIFT+

FREXGP SHIFT+にはUSB接続機構はなく、別途USBキットの購入が必要ですが、キットは買わず、ハードオフで100円で見つけたUSBゲームコントを分解し、配線を引き出し接続。余った接点はボックスにスイッチを付け、スイッチパネルも一緒に作りました。操作した感想は、本当に買ってよかったです。感覚的にパドルシフトより気持ちよく、それほど変わらないと思っていましたが、素早く確実にシフトできる気がします。特にコーナーリング中のシフトダウン気持ちいいですね。走り終わると右腕が少し痛いですが。

shift05.jpg

shift04.jpg

shift01.JPG

shift02.jpg

box4.gif box3.gif

Copyright (C) 2018 Racingsim.club Motorsport Simulations, All Rights Reserved.